2017年6月 ひつじが行く台湾7泊8日の旅行記(1日目)

※この記事、6月に行った台湾旅行記ですが、写真はもう少し増やす予定です。写真の選択などをしていると公開がずっと先になってしまうので、未完成ですが公開してます。

■2017年6月5日(月) 台湾へ出発

3:15am 起きる。二時間の仮眠だった。シャワーを浴びる。荷物整理。元々 歩いて京都駅まで行く予定だったが、考え直してタクシーで行くことに。台湾人ウーさんからライン、目覚めてるかの確認メッセージ。うう、有り難い。

4:06 ひつじ庵を出発。御池通に車が全然走ってない。軽く焦るが少し歩くと堀川通側からタクシー一台来て乗り込む。聞くと、夜勤組が四時くらいで引き上げるとのこと(夜勤組は 昨日の夕方四時か5時から働いてる)でその隙間時間のようだ。

 

4:18amアバンティ前に到着、1310円。

関空までのバスチケットを買う2550円。

 

4:30am 関空行きのバス発

5:45am 関空着。今回利用するpeachは第2ターミナルだが、時間に少し余裕があるし、朝ごはんがまだなので第1ターミナルで降りる。マックで朝食。無人機があったのでトライ。現金ではなくICカードのみの支払いのようだ。エディで支払い、楽天プレミアムカードがこんなところで役に立つとは。

 

朝マック食べて、外に出て、第2ターミナルへのバスに乗る。

 

数分で到着。搭乗荷物のところで測りがあるので載せる。ギリギリ10キロオーバー。ドリンクを棄て、カメラを腰に、少しオーバーだがOKだそうな。で、列に並んで、荷物チェックのところに行ったら、チケット見せてくださいとスタッフに言われたので見せると「ここは国内線ですと」。バカか、初心者か(^^;

 

一旦外に出て国際線へ。

8:15搭乗開始。8:32座席に座る、真ん中だ。

台湾時間10:17am(日本時間11:17am)着陸。ここでスマホの時計を台湾時間に合わす。

建物に入るとWi-Fiがつながる。ウーさんが空港に来ているらしい。

 

出国ゲートをでる。ウーさんが迎えに来てくれている。

ドリンクと台湾版おにぎりの差し入れ。食べながら少し会話。日本から持ってきたお土産も渡す。通常10kgを越えることはないのだが、このお土産が重かった。頼まれていた蚊取り豚やTシャツなど。

 

ATMで5000元引き出す。それに前回の台湾元の残り1450元プラス。

 

台湾版suica「悠遊カード(Easy card)」を貰う(このカードは台湾観光には必須!)。

500元チャージ。

インフォメーションで街中で使えるフリーwifi「iTaiwan」が使えるように登録してもらう。ここでウーさんとお別れ。

 

 

MRTに乗る。前回は開通してなかったが今回はこれで台北市内までビューンと行ける、バスよりは割高だが体験してみたいので。台北駅まで160元。12:00頃 乗る。

 

12:50 台北駅に到着。まずは地下街をぶらつく。半年前も歩いたオタクエリアへ。ぶらつく。

 

台北駅を出て、東へ少し歩いたところの「華山1914創意文化園区」へ。ここは1914年に建てられた酒造工場の跡地をリノベーションしておしゃれなカフェとか雑貨屋とか映画館とかに利用されているところ。

半年前に行った高雄の「駁二藝術特区」もこういうリノベ物件だったが、こういう台湾人のセンスいいなぁ。

 

14:25 ちょっと落ち着きたかったので「光點珈琲時光」というカフェが良い感じだったので入る。

はちみつ入りのレモンジュース180元とチーズケーキ130元。

隣の公園が見えるところで落ち着く。

 

 

15:00 店を出る。小さな本屋などを散策。

 

MRT「忠孝復興」駅に乗って「行天宮」駅で降りる。

一旦「行天宮」をチラッとだけ覗く。ここは半年前にちゃんと見たので今回はパス。

そこから徒歩で北上。松山空港で 飛行機の着陸風景が見れるスポットへ。場所はあやふやだったがGoogleマップに カメラマークがついているので、多分ソコだろうと。

 

16:30 15人くらいが集まっているところに到着。すぐに飛行機が着陸して来る。速くて撮れなかった。動画を撮ったり写真を撮ったり。飛行機の写真なんてめったに撮らないのでイマイチ コツがわからずあまりいい写真撮れなかった。

 

17:52 松山空港の写真スポットを離れる。

 

18:30 「行天宮」でシューチンと合流(ひつじ庵に二回 泊まってくれたゲストさん)。その後 僕が台湾に来るたびにあっている、これで三回目だ。去年の一月はまだ海外のwifi環境の利用に慣れてなくて、合流するのに時間がかかって迷惑をかけたことがあるが、今回は、行天宮のセブンイレブンで無料wifiを見つけてメッセージを送り、スムーズに合流することができた。日本語学校へ行くまでの30分の隙間だけ。こっちとしてはお土産を持ってきているのでそれを初日に渡して荷物を軽くする意味もある。シューチンが肉まんを4個とドリンクを手土産にくれた。

少し話して、彼女が週一で通っている日本語学校「橘 日本語学校」に立ち寄る。ここは半年前も顔を出したところ。先生も覚えていてくれてるみたい。もちろん日本語で会話。授業が始まるのでここでお別れ。

 

地下鉄MRT「行天宮」駅に乗って「南京三民」駅で降りる。そこから東へ。宿の看板が見えたので、その手前の小売店で爽健美茶を購入(23元)。

 

20:00 今日の宿「NKホステル」に到着。5階のフロントへ。流暢な英語。台湾では珍しく紙に名前などを記入。予約した本人じゃないからかな。2300元支払い。

 

スタッフが部屋まで案内。15階の1507号室。部屋に入ったら見晴らしが凄い。ツインルーム。室内にシャワー・トイレがある。

金庫、冷蔵庫、テレビ、エアコン、ハンガー、電話、目覚まし、お茶類、ソファ、クッション、歯ブラシ、櫛、バスタオル、ハンドタオル。設備は完璧。エレベータの中、エレベーターホールとの扉、部屋に入るときでカードキーを使う。

 

ソファでグダグダ。一旦、5階のフロントと共有スペースなどを見学。内装がセンスが良くて好きだな。

 

部屋に戻って、それからシャワー。

ドライヤーがうまく動かない。

テレビがついてるので、適当に見ていると、ちびまるこちゃんの実写版。再現度とか凄いな。その後 アニメ版のちびまる子ちゃん。エアコンのきいた部屋のソファでダラダラ、快適すぎる。

 

22:40頃、ウーさんが到着。20分くらい準備して外へ。歩いて5分くらいのところの夜市へ。「饒河街夜市」という名前の夜市らしい。

明太子ピザ、食べながら歩く。

台湾風唐揚げ(チキン、エリンギ)、マンゴージュース、揚げた皮の肉まん?「胡椒餅」を購入。夜市の突き当りから 3分ほどあるいたところの川で食べようということに。変わった形の橋。ベンチに座って食べる。こういう地元民しか知らないようなところに連れて行ってもらえるのが良いね。

 

24:00過ぎたあたりに、ホステルに戻ってくる。

写真整理などして就寝。(→次の日を読む)

 

 

※1台湾元=3.7円として計算後、四捨五入。 

※2017年6月5日の旅行記です。

 

 

* * * * * * * * * * * *

ひつじが行く台湾7泊8日の旅行記(2日目)(次の日)

 

 

■【本日の台湾・台北のゲストハウス(ホステル・安宿)】

■あわせて読む

Booking.com