京都から行く台湾(高雄・台南・台北)4泊5日の旅行記(5日目)

2016年6月10日(5日目)台湾 台北桃園空港→関空→京都

5:25目覚まし。

五分後に部屋を出る、他に起きているゲストはいない。エアコンが寒い。短パンだったがジーパンに履き替える。

顔を洗う。昨晩セブンイレブンで買った鶏肉飯のおにぎりを食べる、イマイチ美味しくない(^^;;

 

こんな早くからフロントにはスタッフが五人いた。昨日の夜に空港への行き方を答えてくれた女性がいた、その子は夜から通しでいたんだな、朝からのスタッフと入れ替えのタイミングで五人もいたのかな。「あなたはオンタイムで行動するんだね」と言われる、普段はそうじゃないんだけど、早朝の飛行機の寝坊は死活問題だからね。このスタッフは聡明だし笑顔で良い感じ。

 

5:55、宿「Ximen WOW Hostel」を出る。

街は昨日の賑わいが嘘のよう。徒歩2分ほどかな、MRT「西門」駅へ。

 

6:08、地下鉄始発に乗る。

6:10、「台北車」駅到着。

昨日渡された紙に「Exit K12」と書かれている。「駅は広いから探すのに30分はみといてね」と言われていた。改札出たところの地図にはK12が見当たらない。地図には「Z区」と書かれた場所がある、そして隣の文字だけの黄色い案内板に「Z区」の他に「K区」とある、そうかこの「K区」の12番出口か、こういう得られる情報を辿っていくの好き。

誠品書店があるエリア(まだオープン前)を通っていく。

 

6:20、K12番出口を出る。出てすぐ目の前に地図がある、親切だな。見ると出口の右手が「ターミナルA」。ふう、見つかった。

 

※当時は、こうやって推測しながらたどり着いたけど、帰国後、地球の歩き方の地図を観たら、台北駅の東あたりに「台北バスターミナル 西站A棟(台湾桃園国際空港行きリムジン)」と書いてあった。しかもこの場所(台北駅の西側なので西門に近い)があらかじめ分かっていたら地下鉄を使わず宿から歩いて15分程度で来れたな…と(^_^;)。

 

建物に入り、カウンターで、桃園空港行きのバスチケットを買う125元(437円)。

 

6:34、バス出発。

7:15、ターミナル1に到着。まずフードコートが目に入るが、いままでの屋台などの値段を知ってるので、やたら高く感じるなぁ…。食べず。

 

ピーチの出国カウンターには、すごい人が並んでいる。関空ではATMのような機械でチェックインだったが、ここはスタッフによるチェックインだな。

 

7:46、チェックインがようやく終わる。

台湾元が少し余っているのと自分へのお土産として、小物と本が売っているお店で「台南」のマグネットと「ワンピース69巻(台湾語版)」105元(367円)を購入。かつては「るろうに剣心(タイ語版)」「ドラゴンボール(中国語版)」などを買ったことがある、外国でマンガを見つけてお手頃な価格なら買ってしまう。

荷物チェックを通過。

 

搭乗口の前のエリアでウォーターサーバーが。台湾人は自分のプラスチックの水筒に入れていた。しまった、さっき荷物チェックの時のボトルを捨てるんじゃなかった。自販機はペットボトルのものは売り切れマーク。まあしかたがない。

 

9:15発の便なのだが、20分遅れらしい。

 

9:17、飛行機に乗り込む。

台湾時間12:05、日本時間13:05着陸。

出国手続き、外国人の方には長蛇の列。日本人の方はガラガラ、だれもいない。あっさりと通過。体温を感知する機械とかもあるみたいだが、もちろんスルー。手荷物検査所っぽいところもあったがスルー。

 

第2ターミナルから、第1ターミナルのシャトルバス。次のバスまで少し時間があるのでぶらつく。

14:10発に乗る。行きの時に往復を買ったのでそれを見せる。

 

京都駅で降りる乗客がもたついて、遅れる。

16:01、烏丸御池バス着。16:08、ゲストハウスひつじ庵 到着。

そしてこの夕方から営業開始。

 

さっそく台湾 桃園のゲストさんがチェックイン、今朝はその桃園空港にいたんだよぉ、なんて話をする。

ふう。

 

 

これで、京都から行く台湾(高雄・台南・台北)4泊5日の旅日記を終わります。

 

* * * * * * * * * * *

※1台湾元=3.5円として計算

 

京都から行く台湾(高雄・台南・台北)4泊5日の旅行記(1日目)

京都から行く台湾(高雄・台南・台北)4泊5日の旅行記(2日目)

京都から行く台湾(高雄・台南・台北)4泊5日の旅行記(3日目)

京都から行く台湾(高雄・台南・台北)4泊5日の旅行記(4日目)(前日)

 

他の旅日記

京都「ゲストハウスひつじ庵」ホーム